マレーシア不動産 の現地視察に同行しました

2020年2月10日~13日の日程で4名のお客様の マレーシア不動産 視察に同行させていただきました。

深夜の成田便でのクアラルンプール入りでしたが、デベロッパー担当者が送迎してくれ、マラッカのホテルまで向かいました。ただ、クアラルンプール国際空港からマラッカまでは2時間弱かかるので、到着が深夜2時くらいになってしまいました。

初日はクアラルンプール宿泊の方が良かったですね、次回からの改善点です。

翌日は弊社が取り扱えるマレーシア不動産の中からマラッカの2つの物件を視察しました。まずはレガリアというマンションです。現在はまだ開発がそれほど進んでいない地区で、早い時期での移住目的には見合わないと思われるものの、マラッカの開発は著しいので今後の発展に期待が高まる物件です。

また、物件の正面の広いビーチも今後レガリアのプライベートビーチになるかもしれないということで期待が高まります。

次に視察した不動産物件はマラッカのホテルおよび巨大複合施設TheSailという物件です。投資するのはホテルに対してですが、建設している建物はショッピングモールやコンドミニアム、大学、新しく開発される街など様々な施設が入った巨大な施設です。

この物件の建設は2019年の12月に始まったばかりなのでまだほとんど建設は進んでいませんが、現地に赴くとそのスケールの大きさに圧倒される気分です。

ホテルに対しての投資は、将来の移住には使用できないものの、マラッカには年間1500万人もの観光客が訪れるため確実な実需があり、将来の可能性も高い物件です。このTheSailはクアラルンプールにおけるツインタワーのようにマラッカのランドマークになることが期待されています。

翌日はクアラルンプールの不動産物件NOVOを視察しました。クアラルンプールの中心、ツインタワーにほど近い大変素晴らしい立地です。周りが各国の大使館で正面はクアラルンプールで一番大きな国立病院ということで実需もあります。投資用としてももちろん、実際に移住した場合でも大変便利に過ごせるでしょう。

NOVOは2ヶ月前に視察に訪れた際より確実に建設が進んでいました。以前訪問したときはまだシートに覆われていましたからね

すべての物件視察後、投資の可能性を実感していただくためにクアラルンプールの街の視察も行いました。ツインタワーは何度見ても本当に美しい建造物ですね。クアラルンプールにはツインタワーを超える高さの高層ビルが今後いくつも建設されるでしょうが、美しさでこれをこえるものはなかなか現れないのではないでしょうか。

海外不動産説明会

ツインタワーが一望できるラウンジからの眺めは素晴らしいものでした。

比較リスト

比較検討する
セミナーに参加する(無料)