全画面表示

マレーシア不動産投資の魅力

マレーシアの平均年齢は28歳程度です。日本と比べて圧倒的に若く、現在の人口はおよそ3,200万人ですが、2090年までは人口増加が続くと言われています。多民族国家であるため多くの民族の文化がないまぜとなり、活気に満ち溢れています。マレーシアの各都市を訪れると、そこかしこで進行中の大規模な開発に目を奪われます。それらを目の当たりにすれば、マレーシアの国家としての勢いと可能性を感じることができるでしょう。

そんなマレーシアの成長率は近年4~6%を維持しており、安定して成長し続けています。首都のクアラルンプールは、ペトロナスツインタワーを始めとした高層ビルが立ち並ぶ大都会に発展しています。外国人の不動産投資に対する制度も整っており、安心した取引ができるでしょう。

マレーシアの南は、いち早く経済成長を遂げ先進国となったシンガポールと国境を接しています。シンガポールとマレーシアは、かつては一つの国だったこともあり、民族や文化は共通したものが多く見られます。シンガポールの名物とされている食文化も、実はマレーシアにも同様の文化があったり、むしろマレーシア発祥のものもあります。マレーシアの都市部はシンガポールと同様に鉄道やバスなどの交通インフラが極めて整備されており、またそれらが美しく維持されているという点も同様で、これらのことは同時に治安の良さをも感じさせます。

また、マレーシアには人口とほぼ同程度の外国人が観光に訪れるのも特徴です。とりわけ世界遺産の都市マラッカなどは年間1,700万人もの観光客が訪れる観光都市です。

マラッカはマラッカ海峡を有し、古来より海上交易の中心地として栄えました。現在も沿岸部でマラッカゲートウェイ計画や The Sail などの大規模な開発が集中しており、マレーシアでも特に活気に溢れている都市のひとつになっています。

続く経済成長、整ったインフラ、暖かく穏やかな気候、低い災害リスク。その上物価も安く治安も良い。このような理由からかマレーシアは日本人の移住先として13年連続でナンバー1になるなど、その魅力が着目されつづけています。

並び替え:

比較リスト

比較検討する
セミナーに参加する(無料)